就労支援の必要性

なぜ、犯罪を犯した人への就労支援は必要か
安全、安心な地域社会を実現するには
犯罪や非行をした人が職に就き、
責任ある社会生活を営むことを支援することが重要になります
静岡県としては以下のように取り組みを行っております

協力雇用主とは

協力雇用主とは
犯罪・非行の前歴のために定職に就くことが容易でない
刑務所出所者等を その事情を理解した上で雇用し
改善更生に協力する民間の事業主の方々の事です

雇用から始まる社会貢献

雇用から始まる社会貢献

再犯防止のための就労の確保の重要性
刑務所再入所者のうち、再犯時に仕事がなかった者の割合は
およそ
7割に達しています。
そして 仕事のない者の再犯率は、仕事がある者の
およそ3倍
になっています。

このことからも 
仕事がないことが再犯に大きく影響を及ぼし
再犯を防止するためには 
就労を確保していくことが極めて重要
といえます。

就労支援の流れ

就労支援の流れ
対象者が協力雇用主のもとへの就職を希望した場合
以下のような流れに沿って手続きを進めていきます