雇用から始まる社会貢献

雇用から始まる社会貢献

再犯防止のための就労の確保の重要性
刑務所再入所者のうち、再犯時に仕事がなかった者の割合は
およそ
7割に達しています。
そして 仕事のない者の再犯率は、仕事がある者の
およそ3倍
になっています。

このことからも 
仕事がないことが再犯に大きく影響を及ぼし
再犯を防止するためには 
就労を確保していくことが極めて重要
といえます。